デヴィットカードとは 利用するメリットとデメリット

デヴィットカードとは即時払い方式のカードのことをさし、カードを利用するとすぐに銀行の口座からすぐに代金が引き落とされるシステムとなっています。

 

デヴィットとは日本語で引き落としという意味を表しています。

利用するメリットとしてはまず第一に即時決済で使用額が把握できるという点です。通常のクレジットカードの場合には、後日まとめて請求されることになり、日ごろからカードを利用してショッピングをしている場合には、引き落としの際に知らない間に支払いが高額になっていてくりしてしまうということもあるでしょう。

 

クレジットカードとの違いは、代金が銀行の預金口座から直接引き落としされるという点であり、うっかりと予算を超えてしまうなどの事がないので、家計管理はしやすいと言えるでしょう。デヴィットカードで買い物をする場合には、クレジットカードと同じように機械に通すだけなので全く不便はありません。

そして忘れていた支払いに気がつくというメリットもあります。デビットカードによっては、使用すると登録したメールアドレスに利用した旨の通知のメールが届くため、身に覚えがない支払いや不正利用にはすぐに気がつくことができます。

 

定期的に荷物が届くネットショッピングやサービスなどの年会費を引き落としに設定しておくことによって、忘れていた支払いも忘れることなく非常に便利です。

そして家計簿アプリと連動で利用できるというメリットもあります。デヴィットカードを使用する際には残高を把握しておく必要がありますが、ものによっては家計簿アプリと併用することができるので、残高の把握も簡単に管理が行えます。

 

いくつかの家計簿アプリは銀行をはじめとする各種金融機関と提携を結んでいるので、口座を登録することが可能です。このアプリにデヴィットカードの引き落とし口座を登録しておくことにより、スマートフォンやタブレット、パソコンなどで簡単に残高の確認が行えます。

 

高額な買い物をする際には、残高不足によりカード支払いができないことを未然に防ぐことも可能です。デビットカード自体をアプリに登録することもでき、使用額が自動入力される機能も備えています。記録をするには面倒な部分も多々ありますが、このような手間を省き、さらには残高を常に意識することにより、家計管理に対して苦手意識を持っていた人も、軽減することにつながるでしょう。

そしてカードを作成する際にも大きなメリットがあります。それはクレジットカードとは異なり審査なしで発行できるという点です。

 

支払いに使った際に銀行口座からすぐに利用金額が引き落とされる仕組みになっているため、クレジットカードのように後払いのシステムとは異なります。

 

そのため使い過ぎで支払いないということにはならないので安心です。即時引き落としの支払いシステムであるため、カード会社としても安心してカードを発行することができるでしょう。

 

クレジットカードの場合には本当にその人に支払い能力があるのかどうかをチェックする審査が行われ、審査に通過しなければクレジットカードを発行してもらうことはできません。

 

しかしデヴィットカードの場合にはだれでも審査をすることなく発行することができます。通常のクレジットカードは18歳以上でなければ作成することはできませんが、安全性の面から15歳以上であればだれでも簡単に作ることができます。

しかしこのようにメリットも多いカードですが、反対にデメリットもあるため利用する際には頭に入れておく必要があるでしょう。

 

まず第一に一部の高速道路やガソリンスタンドは対応していないということです。車を利用する人の場合には高速道路やガソリンスタンドでカードを使いたいという人もいることでしょう。

 

しかし一部の高速道路やガソリンスタンド、カーシェアリングなどでは支払いをすることができません。そのためそれ相応の現金を用意したり、ほかのクレジットカードを準備しておく必要があるでしょう。

 

そして分割払いができないという点もデメリットと感じる人がいるかもしれません。このカードの特徴は口座から即時で引き落としがなされるということです。

 

つまり分割払いができないということになり、2回目以降の支払いの際には口座にお金があるのかどうかを支払いの時点では確認するすべがないからです。

 

もしも高額な買い物をした際に残高が足りないという場合には、現金もしくはクレジットカードの分割払いで対応することになるでしょう。

そして三つ目のデメリットとしてはクレジットカードの方が還元率については得だということです。デヴィットカードを発行している金融機関では、使用した分のキャッシュバックやポイント還元制を導入しているところもいくつか見られます。

 

しかしながら還元率を計算してみると、やはりクレジットカードの方がお得だと言えるでしょう。また銀行によっては一部のカードは年会費がかかるため、その分も考慮する必要があります。

スポンサードリンク

2018/06/07