JNB Visaデビットカードの評判と使いやすさ 審査情報

デビットカードは、デヴィットカードとも呼ばれるもので英語ではdebit cardと書きます。

仕組みとしては預金口座と紐付けされた決済用カードというものです。

 

決済用に使われるカードとしては、デビットカードが登場以前はクレジットカードとプリペイドカードが存在しています。

クレジットカードが事後の決済サービスであるのに対してプリペイドカードは事前決済という仕組みになっています。

 

クレジットカードでは利用者の信用力に対して利用限度枠を設定し、その範囲内で買い物やサービスを受けた時の支払いをクレジットカード会社が立て替え払いして後日に使用した代金を支払うというものです。

 

もともとは多額の現金を持ち運ばなくても旅行が出来るようにするといったサービスとしてスタートしたもので、安定した収入があるなど誰でも利用できるものではありません。

 

また審査もあって発行までに時間が掛かります。

一方でプリペイドカードは事前にカードに一定金額の現金をチャージしたものです。

 

カード自身に価値があり利用するとカードから引かれていくというもので、一種の金券といえるものです。

 

メリットは審査は不要で誰でも使えるといったことなどです。

 

このクレジットカードとプリペイドカードの中間に位置するのがデビットカードです。

 

デビットカードは即時決済で銀行口座の残高と紐付けすることで決済時にその場で引落しが行われるというものです。

 

メリットは殆どのデビットカードが無審査で利用できることです。

 

日本では1999年にJ-Debitが登場していますが、利用時間の制限や使用できる店舗が少ないといった理由などから使い勝手が悪く知名度が低くあまり普及していません。

 

デビットカードの意味はあくまでも預金口座と紐付けされた決済用カードであり、本来はクレジットカードとは全く異なるものでした。

2000年代の後半に入るとクレジットカード会社がデビットカードに参入して使い勝手が向上し、デビットカードといえばJ-Debitではなくクレジットカードブランドのデビットカードが有名となりました。

その使い勝手の良さから現在では広く普及しています。

クレジットカードのデビットカードの仕組みとしては、従来のデビットカードと同様に預金口座と紐付けするというものです。このためカードにはキャッシュカードにその機能を付与するのが一般的です。

 

利用方法はクレジットカード払いで利用できる国際ブランドの支払いがあれば、カードに記載されたカード番号を記入すれば通常のクレジットカードと同様に決済が行われます。

 

一部の決済に利用することができないケースもありますが、買い物であればほぼ使えるためクレジットカード決済が出来るお店であれば利用することができます。

デビットカードは、現在では多くの銀行が参入していますが、2010年に導入を開始したのがジャパンネット銀行のJNB Visaデビットです。

 

JNB Visaデビットカードの特徴としては審査不要でデビットカードの利用申請をすれば、機能が付与されたキャッシュカードが発行されます。

 

年会費は無料ですが、クレジットカードの機能としては個人が使用する決済専用で、家族カードやETCカードの利用はできません。

 

Visaブランドを扱っている加盟店ではほぼ使うことができますし、デビットカード経由で海外ATMでのお金の引き出しも出来るメリットがあります。

 

またネット銀行のジャパンネット銀行らしくすべての設定は公式サイトから行うことができ利用限度額も簡単に自由に設定することができます。

 

デビットカードはおまけ的な機能で決済専用といった意味で付けられているものも多いものですが、JNB Visaデビットカードでは0.2%のJNBスターによる還元を受けることができるのも大きな特徴です。

JNB Visaデビットカードの評判としては概ね好評です。

 

審査不要で誰でも作ることができますし、口座残高から即時引落しされるので使いすぎるといったことがありません。

 

またネット銀行ですからアプリを使えば簡単に口座の残高照会をすることができますし、設定の変更も行えます。

JNB Visaデビットカードの特徴としてネット専用カードレスデビットも用意されていることです。

 

これはインターネット上での決済をするさいにカード番号が流出するリスクを最小限にするもので、利用できるカード番号を4つ発行するというものです。

海外サイトでの決済でも安心して利用することができるものです。

 

一方で口座に残高がなければ決済できないところが不便なところですが、反対に毎月残高を確認する習慣を付けることで、使いすぎるといったことを防ぐことができます。

 

一部の決済に利用できないケースとしては毎月の支払いを行う場合で公共料金などでは利用できないケースもあるので注意が必要です。

 

審査に関してはジャパンネット銀行の銀行口座を有していれば審査不要で作ることが可能です。

 

スポンサードリンク

2018/10/18