楽天銀行デビットカード(JCB)の評判と使いやすさ 審査情報

楽天銀行にはデヴィットカードがあります。このカードはキャッシュカードでもなければクレジットカードでもありませんが、買い物などの際に便利に利用することができるカードです。

 

デヴィットと言っても、これまでに使ったことはもちろん、聞いたこともないという人が多いでしょう。クレジットカードと比較しながら説明していくのが分かりやすいでしょうから、そのように説明します。

 

クレジットカードは、現金が手元になくてもカード1枚で買い物ができる便利なカードです。最近ではネットショッピングに使う人も多いでしょう。

 

しかしここで、どうして現金を手元に持っていなくても買い物ができてしまうのかと考えたことはあるでしょうか。一見するとこれは不思議な話です。

 

何かの買い物をする際に、お金がないのに商品だけ先にもらえるというのは、普通ではあり得ないことだからです。

 

これは、状況だけをみるとお金の後払いであり、お金を一時的に借りているのと同じようなものということができるでしょう。

 

つまり、後から確実にお金を支払うことを条件として、先に商品を手にすることができるようになっているわけです。

これが可能なのは、その人は確実に後からお金を払ってもらえると信用されているからに他なりません。そういった信用力のある人にだけカードが発行され、そのカードを使って買い物をすることができるわけです。

 

信用力というのはもちろん目には見えませんから、本当にそういった信用力があるかどうかを把握し確認するためには、審査というものが必要になります。

 

ここはクレジットカードの審査について詳しく話すところではありませんので細かいところまでは書きませんが、その人の収入はどれくらいあるかとか、これまで借りたお金をきっちりと返してきたかなど、まさに信用力そのものがチェックされることになり、その審査に通過して初めてカードが発行されることになります。

一方、デヴィットカードは一見するとクレジットカードと全く同じように使うことができます。JCBブランドのロゴマークの入っているカードであれば、JCBのロゴマークのあるクレジットカード取り扱い店ではクレジットカードと全く同じように使うことができます。

 

しかしこれはあくまでもデヴィットであり、クレジットカードではありません。では両者の違いはどこにあるのでしょうか。それは、クレジットが後払いであるのに対し、デヴィットはそうではなく、買い物のその時点で決済がなされるという点にあるのです。

 

具体的に言えば、デヴィットは、買い物をしてカードを提示したその時点で、楽天銀行の銀行口座から買い物代金が即座に引き落とされます。

 

つまり決して後払いではなく、ただ現金払いではないというだけのことで、その場で自分のお金が減っていることに何ら違いはありません。

ではなぜわざわざ広く使われているクレジットではなくデヴィットを使うのか、そのメリットはどこにあるのでしょうか。

 

それは、後払いではなくその時に決済がなされているという、まさにその点に大きな理由が隠されているのです。

 

後払いだと、後日本当にお金を支払ってくれるのかという問題を避けて通ることはできません。商品だけ手に入れて、お金を支払わない、あるいは支払えない人がいては困るからです。

 

そのために先ほど述べた審査が必ず行なわれることになります。一方でデヴィットの場合は、その場でお金を支払っているのですから、後で本当に支払ってもらえるのかという問題とは無縁になります。

 

つまり審査が不要となるというのが大きな違いです。クレジットカードの審査に落ちてしまったような人であっても関係はありません。

また、これに関連することではありますが、クレジットカードは基本的に仕事をして収入を得ている20歳以上の社会人しか持つことはできません。

 

仕事による収入がなければ借りたお金を返すことはできないと判断されてしまいますし、お金を借りることは一種の契約ですから、未成年者の場合はたとえ既に就職していたとしてもカードは発行されません。

これに対してデヴィットの場合はそうではありません。銀行口座があれば良いわけですから、とくに仕事をしていることは必須要件ではありませんし、未成年者であっても持つことができます。

 

ただし、お金の使い方そのものがまだよく分かっていないような子供に持たせることは適切とは言い難いでしょうから、16歳以上という縛りは付けられています。

 

また、確かに仕事をしていることは必須ではなく、学生で親からの小遣いや仕送りが主な収入源であり、それを楽天銀行の口座に貯金している人であっても発行は可能ですが、もちろん買い物代金以上の口座残高がなければその場での引き落としはできず、当然ながら買い物はできません。

クレジットカードとは違って口座残高までの買い物しかできないわけですから、使いすぎてしまうことがないというメリットもあります。

スポンサードリンク